RSS
 

猫の染付湯呑み 猫パンチ小紋猫 陶器



見谷佳則(風龍窯) YOSHINORI MITANI (HuuRyu-GAMA)プロフィール

1968年、京都に生れる。
京都陶工訓練校卒業後,茶陶の窯元において絵付け師としての修業を重ねる。
2004年に独立して京都市伏見区に風龍窯を開窯し,姉のナオミと共に猫絵を施した染付・色絵を制作する。
伝統的図柄に現代風アレンジを加えた作品の数々は,陶芸ファンのみならずネコ愛好家たちからも人気を集める。
また,猫絵とは別に,繊細な筆さばきで伝統的な京焼の染付も制作している。


見谷佳則(風龍窯)作品

風龍窯の染付湯呑み 猫パンチ小紋猫です。
大らかな形と複雑な色合いが陶器ならではの趣をかもしだしています♪

材質 磁器(石物)
サイズ/約 口径75×高さ85mm
(サイズ及び絵柄は手作りのため若干異なる場合があります) 

【ご購入前にご確認ください】

手作りですのでモチーフは同じですが配置や色の濃さなど一つずつ異なりまので
予めご了承願います。


猫の染付湯呑み 猫パンチ小紋猫 陶器

価格:

3,888円 (税込)

[ポイント還元 194ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ


器のお手入れと収納

〜永く美しくお使い頂くために〜
焼きものには大きく分けて、土でできた「陶器」(土物)と、陶石でできた「磁器」(石物)があります。
一般的に「磁器」は「陶器」より硬く水を吸いません。「陶器」は「磁器」とは違い吸水性の高い器です。
そこで「陶器」をご使用になる前には・・・
「陶器」の土肌の隙間を埋める作業として、鍋などに器を入れて30分程煮沸して頂くことをお勧めします。
この際「斑紋」が浮かぶことがありますが、吸水性の高さから起こることでご使用には差し支えありません。
煮沸後は、表面だけでなく器全体が完全に乾いてから収納してください。
十分に乾かないまましまわれると、カビやシミ、臭気の原因になる場合がありますので、ご注意下さい。
また、普段お使いの前にはさっとお水にくぐらせてからご使用頂くと汚れがつきにくくなります。
日々の中で少しずつ変化していくことも、器の味わいのひとつですのでお楽しみ下さい。

そして 絵柄のこと・・・
うつわ屋 風龍には「下絵」と言われる釉薬の下に絵が描かれたもの(「染付け」や「鉄絵」がそうです)と
「上絵」と言われる、釉薬の上から絵が描かれたもの( 風龍では「色絵・金彩」がそうです)があります。
下絵の器は、釉薬に守られている為、消えたりすることはありませんが、
上絵(色絵・金彩)の器は表面に描かれている為、長年の使用により色落ちすることがあります。
上絵(色絵・金彩)は柔らかいスポンジなどで洗うことをお勧めします。
また、金彩を施した器は、電子レンジの加熱で金彩がこげてしまうことがありますので、
電子レンジでのご使用はお避け下さい。

風龍窯の一覧へ戻る

ページトップへ